ご依頼内容

ご自身でも施工に関わったというご自宅の老朽化のため、お風呂、トイレのフルリフォームのご依頼をいただきました。トイレは地域柄汲み取り式のため、水洗タイプへ移行するために、外に浄化槽も設置させていただきました。お風呂は、土間に直接スノコを引いて入浴する昔ながらのタイプで、すのこを外すと段差が大きくお風呂へのアクセスが悪くなり、バリアフリーの面からも入浴がしづらい状況でした。

 

施工内容

ユニットバス:クリナップ様「yuasis シリーズ

まずはスノコ等取り除き、脱衣所からフラットな床面になるように、寸法を出させていただきそれに合うようにさらに壁などを削りユニットバスを入れさせていただきました。床面の段差は、底上げして支える建材をいれさせていただき、基礎を新たに打つことはせず、予算面を抑えました。クリナップ様のユニットバスは断熱材が優れており、浴室内温度が冬場でも下がり辛いため、ヒートショック現象の予防もできます。追い炊き、浴室乾燥や暖房の機能も使えるのでこれまでにない快適空間と機能になりました。こういったタイプのお風呂のご家庭も今だに多いですが、お客様の中には「仕様が違うからきっとユニットバス導入は無理なんだろうな…」と諦めていた方も多いのではないでしょうか?様々な施工方法がございますので、相談していただければと思います。

トイレ:TOTO様「ZJ1手洗い付ウォシュレット一体型トイレ」(カタログ非掲載商品)

下水が通っていない地域での、汲み取り式トイレから水洗トイレへの移行は、まず、屋外に「浄化槽」を設置することから始まります。汲み取りの場所を室内から屋外に移すことで、水洗トイレの導入ができるようになります。また、給水管を設置する工事も同時に必要となります。

今回のご依頼では、ウォシュレット付のトイレの導入だったので、電気配線の引き込みもさせていただいてます。床も既存便座を取り除いた関係もあり、壁、天壁とともに張り替えさせていただきました。

 

(2023.5 完工 担当:横倉)